© 2023 by Auto Express. Proudly created with Wix.com

Tel: 048-499-0952

​埼玉県戸田市氷川町3-11-23

AND DRIVE AWAY WITH YOUR NEW CAR!
  • Instagramの社会のアイコン
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon

カレストのコーティングは、常にユーザー様の期待の105%の仕上がりを心がけています。

カレストでのコーティング

カレストのコーティングはすべてガラス系のコーティングです。
従来コーティングといえばテフロン加工やフッ素加工などのワックス系のコーティング剤が主流でした。ポリマーと呼ばれるコーティング剤は酸化し劣化するものがほとんどですが、当社で扱っているコーティング剤は酸化しないコーティング剤を使用しています。

Modesta BC-02 / BC-03 / BC-05

モデスタ BC-02 / BC-03 / BC-05

KING VEIL

キングベール

ARK BARIA21

アークバリア21

DuPont Hyper Coat Pro

デュポン ハイパーコートプロ

Polymer Glass Coat

ポリマーグラスコート

デュポン ハイパーコートプロアークバリア21は完全なガラスコーティングですので、長期間持続いたします。

ポリマーグラスコートはガラス系のコーティング剤です。珪素含有のコーティングですのでガラス同様には硬化しませんが、従来のワックス系のコーティングより効果が持続します。

コーティング行程

1.洗 車

1.洗 車

まず1番初めに洗車をします。単純に洗車といいますが、最初の洗車が中途半端ですとその後の工程に影響します。

ボディ表面だけでなく細かい隙間やエンブレム廻り、ドアを開けたヒンジやステップなど手の届くところはすべて洗浄します。もちろんタイヤ・ホイールそしてタイヤハウス内も可能な限り洗浄していきます。

2.ピッチタール・鉄粉除去

普段の洗車では除去できないピッチタールや鉄粉を専用ケミカルやトラップネンドで除去します。ケミカルにより鉄粉が紫色に変色しています。 

3.マスキング

2の工程終了後、水気をとりマスキングしていきます。
ボディ研磨時ガラス・ゴムモール類の保護のため念入

りにマスキングします。

4.ボディチェック

ここであらためてボディ塗装面を細かくチェックします。再塗装されているか?
キズの状態は?塗装膜圧はどれくらいか?素材は何で出来ているか?などチェックしチェックシートに記録します。

5.研 磨

チェックシートを確認しながら研磨作業に入ります。

 

その塗装に適した研磨方法でポリッシャー・コンパウンド・バフを選択し研磨していきます。
あまり塗装を磨きすぎないよう最短で最上の研磨を心がけています。

6.細部研磨

ドア内ステップや各フード開口部、ダクト内側などは小径ポリッシャーや手で磨いていきます。

7.脱脂洗車

すべての研磨が終了したらコンパウンド除去、コーティング前の脱脂処理のため

脱脂専用の洗車をします。

8.コーティング

脱脂洗車後、念入りに水気を切り再度ボディチェックをしてコーティングします。
塗装面はすべてコーティングしますのでドア内ステップやヒンジ類もコーティングします。

9.完 成

コーティング後細かい部分までチェック。


車内クリーニング(バキューム・内窓清掃)し、施工終了証明書を発行して完成となります。

コーティング施工後の流れ

メンテナンスウォッシュとは…

キングベール、モデスタ施工車両を対象に、雨ジミ&鉄粉の除去、トップコートの塗布となります。
※施工時間は約3時間。

定期的なメンテナンスを実施していない場合…

保険会社によっては自動車保険適用外となる場合がございますのでご注意ください。

自動車保険対応

CARESTのコーティングはすべて自動車保険に対応しています。万一ぶつけたもしくはぶつけられた場合、コーティングも自動車保険で修復できます。


例えば信号待ちで止まっていたらリアバンパーをぶつけられてリアバンパーを交換・再塗装した場合、リアバンパー分のコーティングは自動車保険で施工できます。

3ヶ月後の無料点検を実施

施工後、3ヶ月で無料の点検を実施しております。

万が一、コーティングに補修の必要がある際は無料で施工します。無料点検の際はカレストのメンテナンスメモをお持ちください。

定期的なメンテナンスをお勧めしています

弊社ではコーティング施工後10~18ヶ月(アークバリア&ポリマーグラスコートの場合は8~12ヶ月)のメンテナンスを推奨しております。

メンテナンスにより施工直後に近いクオリティを長期に渡り維持できます。メンテナンスの内容や時間は実車の状態を確認後になりますので詳細はお問い合わせください。

コーティングラインナップ

モデスタ

Modesta BC-02 / BC-03 / BC-05

親水タイプ BC-02の施工例

水が集まって落ちるのでボディに水残りが少なくウォータースポットが出来にくくなります。

撥水タイプ BC-03の施工例

新発想と新技術によるケイ素化合皮膜親水性コーティングの"BC-02"、液化ジルコニアを配合することで塗装本来の色合いを生かしつつ光沢を与える撥水性の"BC-03"、高い撥水性に加え撥油性能をプラスした新しい超撥水の"BC-05"とバリエーション豊富に取りそろえております。

お客様の車両の状態、保管環境、使用頻度などに応じて適切な製品をオススメさせていただきます。

水玉がキレイに転がる様は見ていて気持ちがいいものです!

キングベール

KING VEIL

塗装に優しいダブルコーティングですので長く乗りたいというお客様に最適です。

ツヤや保護機能はもちろん、強烈な撥水効果もありますので雨のドライブも楽しんでいただけるのではないでしょうか?

この撥水は超滑水とも表現され、水玉が潰れずに保たれるほか、水が滑り落ちるので洗車時の吹き上げが簡単で雨もボディに残りにくいほどです。施工費用は安くありませんがその価値ある製品です!

アークバリア21

ARK BARIA 21

アークバリア21とは新しく開発された1液タイプのシリカ溶剤で、常温施工により各種基材に密着性に優れた非晶質のセラミックス膜を形成する塗料コーティング剤です。この被膜は紫外線に強く超耐久性を発揮するとともに、不燃性・耐透水性・耐薬品性・耐汚染性に優れています。

持続性は、コート剤としての持続性の定義をはるかに上回る3年以上(追跡調査が現在のところ4、5年ほど。以後の持続性の調査は継続中)の持続性があります。

表面の光沢は、従来の表面保護剤に比べて大変質量感のある光沢が得られます。ボディ自体のシルエットを完全に崩さない厚さの被膜であるため、反射光沢は見違えるものがあります。水っぽい光沢ではなく、本来の塗装の輝きが100%出る光沢です。

デュポン ハイパーコートプロ

DuPont HyperCoat Pro

フライパンでお馴染みの「テフロン」を開発したデュポンのボディコーティング製品。

ガラス系シリコーン樹脂+反応性シリコーンオイル+反応性フッ素化合物を独自のテクノロジーで結合させ、最高級の輝き・深いツヤを提供します。

強固なコーティング被膜で塗装面をガードし、さらに抜群の撥水性をも持ち合わせるコーティング製品です。また施工後は汚れが付きにくく、効果が持続するのも特徴です。

ポリマーグラスコート

Polymer Glass Coat

最大の特徴は鉱物油系溶剤がなど一切含まないもので形成されていますので、酸化劣化せず塗装の色褪せを防ぎ光沢を持続させます。

また内容成分の超微粒子化による皮膜形成の高密度化は従来ポリマーコーティング剤とは比較にならないほどの耐候・耐傷・耐酸・耐アルカリ性能を実現し塗装表面を保護します。